パワーストーンを買ったきっかけ

私の祖父は、迷信など全く信じない人で、迷信めいたものはどんなものでも嫌いでした。

パワーストーンを買ったきっかけ
パワーストーンを買ったきっかけ

23歳 女性の話「私の祖父は」

私の祖父は、迷信など全く信じない人で、迷信めいたものはどんなものでも嫌いでした。
そのため、十字架のネックレスなどを身につけると、デザインだけ見て怒ることがよくありました。
祖父と一緒に暮らしていた時は、そんな祖父に怒られないように、パワーストーンを買ったことは全くありませんでした。

専門学校に進学して、一人東京に上京した時、初めて立ち寄った駅ナカの雑貨屋さんでパワーストーンを買いました。
きっかけは、パッと見てキレイだったからですが、初めての一人暮らしを守ってくれそうな気がしたからです。
私の買ったのは、ブルーが素敵なターコイズでした。
まるで晴れ上がった空のようなターコイズは、心のモヤモヤを払ってくれそうな気がしたのです。
それに、ターコイズは運気を上げてくれる効果があるそうなので、これから東京で頑張るつもりの私にはピッタリだと思いました。

その時に買ったターコイズは、今でも大切にしています。