パワーストーンを買ったきっかけ

学生時代、台湾からの留学生と仲良くなりました。

パワーストーンを買ったきっかけ
パワーストーンを買ったきっかけ

42歳 女性の話「学生時代、台湾からの留学生と仲良くなりました」

学生時代、台湾からの留学生と仲良くなりました。
国柄か、彼女達のほとんどがパワーストーンを身につけていました。
ブレスレットにして身につけていました。
そして、彼女達からそれぞれの石が持つ秘めたる力のことを聞いて、私も欲しくなりました。

恋愛運アップにはピンク色のパワーストーンが良いと教えてもらい、当時片思いしていたこともあり、恋愛運アップに最適な石、ローズクォーツのブレスレットを買いました。
淡いピンク色をしたきれいな石でした。
パワーストーンとして使わなくても、おしゃれのひとつとして使うのにも最適なブレスレットでした。

台湾人留学生からパワーストーンのことを教えてもらったのが、きっかけでした。
初めて買ったローズクォーツのブレスレットは、お風呂に入る時以外は常に身につけていました。
そして、パワーストーンに興味を更に持ち、パワーストーンの中で最もポピュラーな、水晶のブレスレットも買いました。
水晶は全てのものを浄化する作用があると言われており、その透明さにも魅了されたからです。

それから数年の間、私は毎日、ローズクォーツと水晶のブレスレットを身につけていました。
いつしか、パワーストーンは私のお守りとなりました。
今でも、私はパワーストーンを愛用しています。